住宅ローンの審査について

マイホームは何といっても自分たちの希望をかなえられるのが注文住宅の魅力です。注文住宅は予算がある程度自由に設定できて、注文住宅を建てる時の予算の中の多くの割合しめるのは土地購入費用です。都内一戸建てを建てる時に土地購入費用が高くなる傾向にあります。すでに所有している土地に注文住宅を建てるときはこの費用は不要です。中古住宅は新築にくらべて価格が安く魅力を感じる人が多いです。

ですが、中古は希望通りの審査を変えられないケースがあります。また、フルローンは頭金など自己資金不足で金融機関から全額融資受けるローンです。住宅ローンの手数料や保証料など諸費用ふくめ借りることになります。中古購入時に新築と同じく住宅ローンを利用できますが、新築住宅と異なって、建物価値減少した状況で購入になります。そのため金融機関が評価する担保額と実際の購入価格の差が出てしまって、諸費用、リフォーム費用含め借りようとしても借りられない可能性があります。そして、フルローン利用できるかは担保評価と諸費用、リフォーム費用の額によります。住宅ローンは一般的住宅ローンで新築購入などに使えますが、購入物件の価値の範囲内で融資受けられます。住宅ローンは購入物件価格の最大130%の範囲まで借りられて、諸費用まで融資条件多い方に対応できる商品です。リフォームローンは借入額が500万円以内で購入資金でなくリフォームのためだけの融資です。こうして購入資金、諸費用などまとめて借りるフルローンは、購入物件かかう以上を借りられる商品を選べばいいのが分かります。そして、新築、中古に限らず諸費用を借りたい人は多いですが、中古は新築より価格が低いことがあって、収入面で基準クリアされるかもしれません。ですが、収入など資金面は問題なくても物件面で条件が見当たらないことが考えられます。フルローンは手持ち資金へらさないで物件をかうことができて、中古住宅は新築に比べて安く買うことができ、フルローンでも毎月の返済可能でしょう。ですが、収入などの資金面で問題なくても中古住宅は店舗評価などの面で基準クリアできなくて、希望額を借りられなかったりします。価格手ごろでも古ローン使えないことがあって、場合により自己資金使うこと検討して下さい。