住宅ローン35年

一戸建てマイホームはむかしは新婚カップルの夢とされていました。ですが、最近マイナス金利政策の影響によって昔より低金利で住宅ローン借入できて、マイホーム買いやすい環境になりました。そして、結婚したての20代カップルは夫婦の収入あまり安定してなかったりして、まず賃貸物件を借りある程度貯金蓄えてかうのがいいでしょう。いったん賃貸暮らしするのでなく結婚と一緒に一戸建てを購入といった選択肢があります。マイホームは人生において大きい買い物ですから、若いうち買うのは勇気居る部分があります。ですが、両親から頭金アド援助してもらい20代で購入する方は少なくないです。こうして20代の新婚カップルの住まいの選択肢は賃貸派、購入派に分かれる傾向です。そして20代でおもいきってマイホームを買うと、どういったメリットがあるのでしょう。20代でマイホーム買う一番のメリットは住宅ローンですが、これはフルで35年ローンを組む方が多いです。仮に25歳で35年ローンを組んだら60才で住宅ローン返済終わります。定年が65歳なら、仕事退職する5年前に住宅ローン完済して、その5年の間老後のため貯蓄機関充てることもができます。住宅ローンは大きい借金といったイメージがある方が多くて、若い20代でローン組むこと消極的にある傾向があります。実際なるべく若いうちから返済はじめたほうがゆとりある人生設計を立てられるでしょう。そして、マイホームを検討するとき大事なのは予算ですが、一戸建て買う時の予算は住宅ローン組める金額目安に考えてください。ライフプランにより住宅購入後かかる費用は個人差があって借りられる金額がそのまま購入可能額と一概に考えられませんが、目安になります。そして自分たちがいくらのローン組めるのか不動産会社に問い合わせてください。そして、20代の方はすでに就職しており収入安定していると十分住宅ローンをくめます。ですが年収300万円程度だったりして、希望の一戸建てに手が届かない時があります。そうした時に夫婦の年収合算し住宅ローンをくめます。これを利用して夫の年収300万円、妻の年収300万円合算600万円の年収ベースとしてローンを組めるのです。具体的に必ずしも結婚して婚姻届提出済みである必要はないです。