トラブル防止のために

日当たりや風通しも大事ですが、これらは日よけをつけたり、空調をつけるなどの対策が可能ですが、なるべく快適に過ごせる間取りを選びたくなります。そして、収納場所は生活空間ではないだけに小さくなりがちですが、しっかり収納されてなくては結局生活空間狭くなります。もっと収納が多いほうが良いという失敗談も多いです。そして間取りを決める時、そこに何を収納するか考えてください。また、間取りは実際に住んでから失敗に感じたりして、なるべく実際どうかを検証して、何度もチェックをしてください。もし可能なら知人に見てもらって新たな気づきがえられる可能性もあります。家族はチェックを重ねていくうちに慣れくるので、第三者の目を借りて下さい。

賃貸住宅に居住するとき住宅に関与する保険はいる必要があるのですが、アパート契約は親がすめる保険医は行ったりしますが、不要な保証がついていたりして、必要以上に払うことがあったりします。賃貸物件は過失がなければ部屋を借りている側に建物の賠償義務が発生しないです。そのため賃貸住宅の火災保険は火災など居室の家財などもえたら自分への補償のため加入するものです。火災保険で補償できるのは1つの家財につき100万円までとなります。またエアコンや温水洗浄便座など住まいの設備が故障したらまず取り扱い説明書をチェックしてください。トラブル対処法が掲載されていて簡単な手順で解決したりします。またガスのにおいがする時は窓を大きく開けてガス栓を占めてすぐ契約してる会社に連絡することです。コンロ近くに緊急時の連絡先が書いてあるシールがあるはずです。そして電気の火花で引火することもありますから、換気扇は入れないようにしましょう。そして、設備の故障など生活トラブルは物件貸主か、貸主から依頼受けている不動産管理会社に連絡してください。賃貸物件探しの時利用した不動産会社は貸主と入居者の契約仲介業務としていて、物件管理する会社とことなることがあります。ですが、中には管理業務をしてるケースがあり、契約書でチェックしてください。わからない時は不動産会社に連絡してみれば教えてくれます。賃貸物件でエアコンなど設備故障したら貸主と入居者どちらが修理費用負担するのでしょう。大事なことは実際暮らし始まって自分、家族がどう感じるかなのです。